葉酸 副作用

葉酸の副作用について知っておいてください

葉酸の副作用について調べたいと思っているということは。
葉酸を使っていきたいと思われていると思います。

 

葉酸は妊娠中であれば積極的に摂取したい栄養素なんですよね。

 

もちろん妊娠したい人にも非常に有効ですし。
胎児にもいい影響を与える栄養素だと言えます。

 

ですが、どんなにいいものでも副作用はあるものです。

 

今回はこちらで主に取り過ぎの場合にでる副作用について触れてみたいと思います。

葉酸サプリの過剰摂取による副作用

葉酸サプリメントの取りすぎによる過剰摂取は副作用が起こるらしい・・・。

 

確かにこれは事実だと思います。
私も実際に耳にしたことはありますから。

 

では、どんな副作用があるんでしょうか?
大きく分けると3つの副作用があります。

  1. 喘息リスク
  2. 葉酸過敏症
  3. ビタミンB12欠乏症の発見が困難になる

 

1.喘息リスクとは葉酸サプリの取り過ぎによって引き起こされる可能性がある赤ちゃん小児喘息のことです。
通常の1.2倍程度になると言われています。

 

2.葉酸過敏症とはかゆみ、蕁麻疹、発熱、呼吸障害など、葉酸の過剰摂取による副作用です。
ただ、症状が出ることは稀でほとんど報告は上がっていません。

 

3.ビタミンB12欠乏症の診断困難になると言う点です。
病気の発見が遅くなったりするのもリスクに入るんですね・・・。

 

そう、ここで大きなポイントですが!
どんなに厚生労働省も推奨するほど妊活や妊娠中に大事な栄養素でも・・・

 

【摂取しすぎは毒になる】

 

という事です。
これは実際他の栄養素ほとんどのもので言えることなんですよ。

1日1000μg(1mg)以上は葉酸の取り過ぎになる

1日1000μg(1mg)以上は葉酸の取り過ぎになります!

 

この数字をしっかりと覚えておいてくださいね。

 

ちなみに摂取の基本量なんですが・・・

 

【妊娠中の女性が1日に摂取したい葉酸サプリの推奨量は1日400μg】

 

です。ここもポイントですよ。

 

まあ、つまりどういう事なのかと言うと・・・

 

【適量の2.5倍を毎日摂り続けると体に悪い!】

 

ってことです。
これって、当たり前だと思いませんか?

 

体に大事な栄養素でもどんなものでもこれだけ摂れば悪いでしょ。

 

葉酸自体は、厚生労働省が絶対取ってほしいと言っている大事な栄養素ですから!

葉酸を取り過ぎない方法は

葉酸の過剰摂取を防ぎつつ、しっかりと毎日摂っていく。
そのために必要なのは・・・・

 

【日本の葉酸サプリを使う事】

 

ですね。
なぜ日本の物がいいのかと言うと。
海外製は、平気で1000μg(1mg)を超えてたりするからです!

 

その辺、海外は結構適当に作っていますから。
多ければいいだろうって感じのサプリが多いんです。

 

それに引き替え、日本のサプリはやはり優秀です。
400μg(0.4mg)程度のものでしっかりと作っています。

 

ちなみに食事でも摂れるとお考えかと思いますが・・・。

 

【正直食事で摂るのは厳しいです】

 

それは、妊娠初期はかなりの確率でつわりがあるからです。

 

はっきり言って、ほとんどまともに食べられませんでしたよ・・・。
突然あれが欲しいとかあれが気持ち悪いとか。
そんな不安定な状況になってしまいます。

 

それで生野菜だとかがいいと言われても。
まず、そんなもの口に入りません。

 

だからこそのサプリを推奨しているんですね。

食事から葉酸を摂取する

先ほども少し触れましたが、食事からも葉酸を摂取できます。
ちなみに食事のものについては、いくら取っても大丈夫との事。

 

1日1000μg(1mg)はあくまでサプリからのものと考えてください。
食事との合計ではなく、トータルという話です。

 

ただ、先ほども言った通り、妊娠時期はどうしても食事がのどを通りません。
葉酸だけでなく、他の栄養素もほとんど不足してしまいます。

 

それでなくても赤ちゃんが色々と取っていってしまいます。
そんな状態ですから、お母さんはスカスカになってしまいます・・・。

 

取り過ぎにだけは注意して、葉酸をしっかりと摂っていきましょう。
そのためにもサプリは必須ですよ!

 

葉酸,副作用,取り過ぎ,